サンマルビー

30代からのマルチビジョン。働く男女のブレインに。ビジネスの小ネタに。

洗濯

意外!?洗濯は好きな家事という事実。

投稿日:2017年7月1日 更新日:

洗濯 手伝い 家事

好きな家事、嫌いな家事


更に

妻が本当は嫌な家事ランキング1位「部屋の掃除」。好き1位は「特になし」|「マイナビウーマン」

冒頭からリンクを張りましたが、

世の女性は洗濯は好きな家事の部類なんですね汗

だからか。

実は、妻や周囲の女性に今まで記事にしてきたものを伝えても

ピンとこないことが多い。

というか、そんなに気にしていない。

確かに我が家の場合、イケてる乾燥機付きの洗濯機を買って以降、

天気に対してのイライラはなくなったが相変わらず天気がいい時は、外に干すことが多い。

洗濯に対して「気持ちいい」とか「達成感がある」とか「音楽を聴きながらすると楽しい」などなどポジティブな印象があるようです。

うーーん

なかなか共感できないものか。

と思いつつも、ある女性の意見。強烈に共感いただける。嬉しい!

やはり!!!

洗濯があまり好きでない方でした。

嫌いな家事ランキング(440人の主婦対象)
1位「部屋の掃除」16.5%
2位「アイロンがけ」10.8%
3位「食器洗い」10.1%
4位「お風呂掃除」10.0%
5位「夕食作り」9.7%

 

掃除→ロボット掃除機、空気清浄機

アイロン→ハンディスチーマー

食器洗い→食洗器

お風呂掃除→??

夕食作り→各種便利キッチングッズ・便利家電

やはり嫌いな家事の家電は日々進化しているし、人気があるし、普及率も高いような気がします。

お風呂掃除家電。もしかしたら今後出てくるかもしれませんね。

 

まとめ!

・女性は洗濯が好き

・私の考えはマイノリティ??

でも働き方改革とかワークライフバランスとか女性進出社会とかいう風潮が強まっている昨今、洗濯の自動化やアウトソーシングはマッチしていると思うんだけどなあ。と嘆いてみます。

ありがとうございました。

 

初回リリース

2017年6月8日

(タクマ)

-洗濯

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人工知能 AI

自動衣類たたみロボット「ランドロイド」受注開始! 気になる価格は?

ランドロイド、ついに受注開始  サラリーマンになってから毎日読でる日経新聞。 おっ! (引用) パナソニックなどが出資するベンチャー企業、セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ(東京・港)は30日、衣類 …

300円と脱水までした洗濯物を抱えて最新のコインランドリーへ。後悔させません。

コインランドリーは素晴らしい!! コインランドリーの回し者ではないが、こんなにいいものだと思わなかった。   出会いは乾燥機でした。 梅雨で洗濯物がたまったから乾燥機を回しに行ったのです。 …

洗濯洗剤は汚れを落とす機能の高さだけでなく、肌への優しさも重要。

洗濯洗剤を考えてみる うちの子供は肌が弱い。 生まれた時は今よりももっと弱かったので、肌が赤くなるだけでなくザラザラした状態でやや腫れていました。 これは市販薬を塗るだけでは改善するのは難しいのではな …

コインランドリー AQUA

布団の丸洗い+乾燥をゴリ押し。布団の中のダニ対策は干すだけでは解決できない事実。

季節の変わり目に布団丸洗い 今日冬物の布団から夏物に変えました。 それに伴い、お察しの通りコインランドリーへ。 我が家通うコインランドリーはたぶん安い。たぶん。 AQUAの機種が置いてある。 &nbs …

昨年IPO(株式上場)を果たしたWASHハウス、がっちりマンデーに登場。株価が上がる理由にも納得。

本日 TBSがっちりマンデーにWASHハウス登場 (6/18初回投稿時)                                  <WASHハウスHP引用> がっちりマンデーを見 …

検索

投資判断について

外国為替証拠金取引や株式投資は、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨や株式にて、相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。お取引の開始にあたり、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて開始していただくようお願いいたします。

 

掲載内容について

掲載内容については細心の注意を払っていますが、掲載された情報の誤りやデータのダウンロード、第三者によるデータの改ざんなどによって生じた障害等に関しまして、著者は一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。著者はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更・削除することがありますので、あらかじめご承知おきください。

当サイトにおける情報源の無断2次利用は厳禁です。また著者の感想、考えに関しては独自のものであり一切の責任を負いかねます。