サンマルビー

30代からのマルチビジョン。働く男女のブレインに。ビジネスの小ネタに。

マネジメント

上司は陰でうざい、嫌いと言われるもの?勘違いマネジメントを見直そう。

投稿日:2017年7月1日 更新日:

サラリーマンにおけるマネジメントの勘違い

サラリーマンをしてきて、30代くらいになれば部下を持つことがあると思います。
今まではその部下の末端として働いてきましたが、その時の上司はいかがでしたか?

・やさしく手取り足取り教えてくれた上司
・成長機会を小さく多く与えてくれた上司
・良くも悪くも「任せた!」と放任する上司
・徹底的にプレッシャーを与え、部下をコントロールした上司
などなど、私もサラリーマンを10年以上しているといろいろなタイプの上司に仕えました。

 

そして私自身も新入社員の指導役や実際に部下を持つ経験をしてきております。

 

その時、一番感じたことは
自分にとって理想的だった上司=部下にとって理想の上司ではない。ということです。

 

ただ今尚、サラリーマン界においては「上司とはこうあるべき」「俺の指導で今まで皆、成長した」と凝り固まった考えでありながら、勘違いの自信を持っている人が多いのではないかと思います。

既に上司であるあなた、これから部下を持つであろうあなた。
新入社員や部下とはいえ20年以上の人生経験を持った人間です。産まれたばかりの赤子ではありません。

その点にも注意しどのような上司であるべきか、マネジメントはいかにすべきかを考えていきたいと思います。

 

飲ミニケーションという危険行為

先ほどもお伝えしたように、あなたの理想の上司と同じように振舞っていけば部下も喜ぶということはありません。
もちろんその部下もそれがハマればこの上ない近道ですが、あまりにもリスキーではないかと思います。

例えば上司からの「今夜一杯行こうか?」とよくありがちな飲ミニケーション。
部下は全員「嬉しいです!是非お願いします!」と思うわけがありません。
むしろ最近の傾向としては上記のように思う人は少数派です。というかほぼいません。

特に課が結成された際、ひとまずアイスブレークに飲ミニケーションを用いるのは実は危険です。
その時点で部下たちは「めんどくさい人の下に就くことになってしまった」と嘆いています。

そして、最近の傾向として若年のサラリーマンは上司のあなたが思う以上に仕事に真面目で冷静な分析をします。
「酒を飲んで、ほろ酔い加減でしか打ち解けるきっかけを持てない上司」
「自分から貴重な時間を奪う上司」
「部下にご飯をおごれば言うことを聞いてくれると勘違いしている上司」
などと、思われます。

 

ではどうしたらよいか。

すごくシンプルです。

仕事中に真面目に部下へ思いを伝え自分自身も必死に取り組み、部下をリードするというよりも部下の失敗を解消させる役にまでまわることを行動で示せばいいのです。

そこの上司のあなた「行動で示すのは部下だ」と思ってませんか?
このように感じたあなたは骨董品と呼ばれてしまいますよ。

 

まとめ!

・時代は変わり続けているのであなた流のマネジメントの型をアップデートし  ていかねばならない

・飲ミニケーションは極めて危険な行為。部下から誘われるまで行かないくらいの気持ちを

・「最近の若い奴は」は上司であるあなたも言われてきた言葉です

・部下(年上・年下関係なく)も大人。空気読めないことをすると他の部下まで白い目で見てきます

 

いかがでしょうか?
是非、組織の意識改革はまずは上司のあなたから
そして、これから上司になる新入社員のあなたまで、今から準備しましょう。

ありがとうございました。

 

(カネコ)

-マネジメント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

束縛

最悪な職場の雰囲気。良くするためには上司であるあなたから行動改善を。

職場の雰囲気、重くなっていませんか? 30代になれば社内で中核の存在だと思います。 会社にも慣れているのはもちろん、今までの経験値から職場の雰囲気も一歩引いて観ることができるのではないでしょうか? ・ …

秘書・事務所へのパワハラ。元自民党員・豊田真由子さんから考えるマネジメント。

豊田議員の歩み 「このハゲーーー!!」で知名度急上昇中の豊田議員。 まずは豊田議員の人物像を確認します。 ・本名・豊田真由子 ・千葉県出身 ・家族は夫(キャリア官僚)・長男・長女 ・姉は医者で妹は弁護 …

ネット社会だからこそ大切にしたい人間関係をカーネギーに学ぶ

カーネギーってどんな人? アメリカ最大手の鉄鋼会社USスチール その前身の企業を興した「鉄鋼王カーネギー」 彼の著書・人を動かすは世界で1500万部以上売り上げられ、 1937年以来 80年間も読み継 …

証券営業の神様と呼ばれた男「野村證券・豊田善一」に学ぶ「経営の王道」

どんな本なの? 経営の王道-リーダー、トップは証券営業の神様豊田善一に学べ 初版・2001年6月1日 野村證券に「豊善」あり。 そのエネルギッシュな営業ぶりから「ブルドーザー」のあだ名も。 大タブチこ …

検索

投資判断について

外国為替証拠金取引や株式投資は、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨や株式にて、相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。お取引の開始にあたり、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて開始していただくようお願いいたします。

 

掲載内容について

掲載内容については細心の注意を払っていますが、掲載された情報の誤りやデータのダウンロード、第三者によるデータの改ざんなどによって生じた障害等に関しまして、著者は一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。著者はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更・削除することがありますので、あらかじめご承知おきください。

当サイトにおける情報源の無断2次利用は厳禁です。また著者の感想、考えに関しては独自のものであり一切の責任を負いかねます。