サンマルビー

30代からのマルチビジョン。働く男女のブレインに。ビジネスの小ネタに。

マネジメント

秘書・事務所へのパワハラ。元自民党員・豊田真由子さんから考えるマネジメント。

投稿日:2017年7月3日 更新日:

豊田議員の歩み

「このハゲーーー!!」で知名度急上昇中の豊田議員。

まずは豊田議員の人物像を確認します。

・本名・豊田真由子
・千葉県出身
・家族は夫(キャリア官僚)・長男・長女
・姉は医者で妹は弁護士というエリート姉妹
・血液型はA型
・趣味は料理、ジョギング、絵画鑑賞

学歴
・名門である桜蔭中学-高等学校卒業(毎年東大生60人前後出す超進学校)
・1993年東京大学 文科Ⅰ類入学し、同法学部を卒業

職歴
・1997年 厚生省入省
・2000年 ハーバード大学大学院へ国費留学生として入学
・2003年 金融庁 総務企画局で課長補佐
・2007年 在ジュネーブ国際機関日本政府代表部に一等書記官として赴任
・2011年 厚生労働省の老健局で課長補佐
・この厚生労働省時代に東日本大震災が起きました。その際、仮設住宅等の高齢者福祉政策を担当。
・復興が一向に進まない、民主党政権に疑問を持ち、政治の世界に進出を決意
・2012年 自民党公認で第46回衆議院総選挙埼玉4区で出馬し当選
・2014年 第47回衆議院総選挙で圧勝。
・この再選をきっかけに内閣府大臣政務官、文部科学大臣政務官、復興大臣政務官に就任

しかし
2017年6月22日 あの録音テープが週刊新潮から暴かれ、秘書への暴言・暴行が発覚。
その一部内容を認め、豊田議員は自民党へ離党届を提出しました。

まさにエリート街道を歩んできたという印象です。

一体何がそうさせたのか?
なぜこのようなことが起きたのか?

サラリーマン的目線で分析
してみたいと思います。

 

豊田議員のパワハラ事件を分析

約4年間で豊田真由子事務所は100人以上のスタッフがやめているという事実。
1か月に2人ペース。。。

更に重要なポジションである秘書はこの1年半で20人以上が辞めていると週刊新潮は報じてます

異常な数字だと思いませんか?
国会議員の秘書が毎月変わっているんですよ?
業務の引継ぎを受けて、辞意を表明し、新秘書へ引継ぎをする。
サラリーマン的に考えればコレで1か月経過である。

秘書がこんな状況では活動が拡大することはまずありませんし、
引継ぎを繰り返すうちに重要な仕事がフェードアウトしてしまったり、
間違った形に変わってしまうことがあるのではないかと思います。

以上の事から
豊田議員は事務所活動がうまく回らないことに相当なもどかしさと苛立ちがあったのではないかと思います。
もちろんその原因は豊田議員自身にあるわけですが・・・。

事務所活動がうまく回らない

豊田議員、イライラする

事務所に重い雰囲気

豊田議員、イライラ・・・

という負のスパイラルに陥っていたのではないかと推測します。

議員という立場。営利企業と違い、売上を伸ばして利益を上げる何てことではありません。
周りの皆さんに支援されてなんぼの仕事ではないでしょうか?

支援者の中でも直接、豊田議員の役に立ちたいという思いが強いメンバーが事務所で働いていると思います
その事務所のメンバーが離れていくというのは、
豊田議員自身の人柄に不信感がもたれることは当然です。
国会議員という立場と品位を確立するのはご自身の努力はもちろんですが、評価するのは市民です。

・暴言をスタッフに吐く
ハゲ、死んだ方がいい、豊田真由子様に向かって何を言う、などなど。恐喝罪です。

・暴力も振るう
運転中に叩く、ハンガーで叩く、靴で叩くなど。暴行罪です。

議員である前に人間として問われるのではないでしょうか。

 

秘書に問題点はあるか?

秘書にも落ち度がありました。

・47件の誕生日祝いの郵送物の宛名と中身を間違える
・支援者説明会資料の作成の失念
・支援者の月命日の花の買い忘れ
・道間違いを頻発
・高速道路逆走も

順番は前後しますが、事務作業忘れや道を間違えるといったことは秘書にも落ち度があります

しかしながら、あのような職場環境であればいい仕事をしようというよりも「怒られないように細心の注意を払う」や「恐怖心から心の平常を保てない」という阻害要因もある為、起きなくていいミスも起きてしまっていたのではないかと思います。

更に言うと着任したばかりという秘書は仕事に慣れていない。それが平均1か月前後で交代していく。
長く働けない環境を作ってしまった点も豊田議員が招いてしまったこととも捉えられる。

47件の誕生日祝の郵送物の宛名と中身の間違え
これはひどい。

企業でいう「個人情報の漏洩」にあたり非常に重い問題として
収束するのに大変な手間と利益を生まない時間、取引先離れ、新規顧客獲得への阻害要因、顧客の精神的苦痛、社会的不信感、従業員も精神的苦痛と全方向にとって悪である。

この誤郵送に関しては事務所全体、もちろん豊田議員を含め、オペレーションのレベルが低かったのではないかという問題が浮き彫りになったと思います。
秘書も悪い。しかし、それを人のせいにする豊田議員も悪い。
きっとクレームの処理も本人がせずに秘書や事務所職員にやらせたのではないかと推測します。

この個人情報漏洩は防げなかったのか。
金融機関に勤務している当サイト共同運営者タクマに聞いてみた。

金融機関においてももちろん個人情報の漏洩は重大問題であるそうです。
金融機関の場合、その管轄のトップである金融庁への届出が必要です。
そして内容によっては新聞など紙面にも公表します。
それを見た情報漏洩されてない顧客まで心配だと問い合わせが入ったりし対応に苦慮くする。
もちろん、お客様が取引を終了させてしまうという事態もあるとのこと。

 

その防止策としてはトリプルチェックをしているとのこと。
1.封入する人が確認(この時点で糊付けをしない)
2.チェックするだけの他社による確認
3.最後に糊付け係が確認

企業によってはダブルチェックなどで完結されるところもあります。

もちろん利益を生む仕事ではありませんが、失敗したら大損害という重要な仕事です。

皆様の勤務先はどのような体制を整えてますでしょうか?
もし導入されてないのであればこれを機にダブル・トリプルチェックの導入をお勧めします。

 

まとめ!

豊田議員問題を総括して
・あなたの職場に置き換えて、職場環境の改善を検討されてみてはいかがでしょうか?
・上司のあなた自身が「豊田議員化」してませんか?

ここまでひどいケースは稀かもしれませんが、
小規模ではこのようなことってあると思います。
また上司からしたら冗談のつもりで済まそうとしているかもしれませんが、若年層の従業員ほど真面目に真摯に捉えてます
こどもの問題みたいに言っているイジメと同様です。
上司であるあなたからいい職場への意識改革を是非!

あなたの職場がもっと良いものになりますように。

ありがとうございました。

 

 

(カネコ、一部タクマ)

-マネジメント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

証券営業の神様と呼ばれた男「野村證券・豊田善一」に学ぶ「経営の王道」

どんな本なの? 経営の王道-リーダー、トップは証券営業の神様豊田善一に学べ 初版・2001年6月1日 野村證券に「豊善」あり。 そのエネルギッシュな営業ぶりから「ブルドーザー」のあだ名も。 大タブチこ …

ネット社会だからこそ大切にしたい人間関係をカーネギーに学ぶ

カーネギーってどんな人? アメリカ最大手の鉄鋼会社USスチール その前身の企業を興した「鉄鋼王カーネギー」 彼の著書・人を動かすは世界で1500万部以上売り上げられ、 1937年以来 80年間も読み継 …

束縛

最悪な職場の雰囲気。良くするためには上司であるあなたから行動改善を。

職場の雰囲気、重くなっていませんか? 30代になれば社内で中核の存在だと思います。 会社にも慣れているのはもちろん、今までの経験値から職場の雰囲気も一歩引いて観ることができるのではないでしょうか? ・ …

上司は陰でうざい、嫌いと言われるもの?勘違いマネジメントを見直そう。

サラリーマンにおけるマネジメントの勘違い サラリーマンをしてきて、30代くらいになれば部下を持つことがあると思います。 今まではその部下の末端として働いてきましたが、その時の上司はいかがでしたか? ・ …

検索

投資判断について

外国為替証拠金取引や株式投資は、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨や株式にて、相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。お取引の開始にあたり、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて開始していただくようお願いいたします。

 

掲載内容について

掲載内容については細心の注意を払っていますが、掲載された情報の誤りやデータのダウンロード、第三者によるデータの改ざんなどによって生じた障害等に関しまして、著者は一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。著者はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更・削除することがありますので、あらかじめご承知おきください。

当サイトにおける情報源の無断2次利用は厳禁です。また著者の感想、考えに関しては独自のものであり一切の責任を負いかねます。