サンマルビー

30代からのマルチビジョン。働く男女のブレインに。ビジネスの小ネタに。

投資

日銀が要となり注目されるJ-REITとは。人口動態、路線価、金利の面からも考える。

投稿日:2017年7月9日 更新日:

東京 夜景 不動産

J-REITのポイント

魅力的な投資対象としてJ-REITが挙げられることが多い。
その魅力とは何なのか。

J-REITとはという優しすぎる題材は乱立するほど情報があるれているのでここでは触れません。
かなり便利なサイトがあるのでこちらも併せてご覧いただければと思います。
http://www.japan-reit.com/

 

ここでは投資対象としての魅力をポイントだけまとめます。
・日本株を買うように9時から15時の取引時間に売買できること

・J-REIT全体の時価増額で11兆7866億円あり、市場規模も確立されていること

・不動産は言い値の世界。市場を通すことによって適正価額が形成されること

・個人では購入できないような大型優良物件を区分所有できているような仕組みを持てること

・株と違い、運営会社が潰れたとしても現物不動産は残るので、券面がゼロになる可能性が低いこと

・株式配当は上下しやすい企業業績の影響を受けるが、REITは配当原資が賃料収入なので安定しやすいこと

・配当を90%以上分配することなど一定の条件を満たすと運営会社の法人税が非課税になるため、高配当になりやすいこと

・格付が付与される仕組みもあるため、投資判断材料があること (無格付もあるので注意)

・日銀が年間900億円ずつJ-REITを買うと決まっていること

・日銀のマイナス金利政策だからこそ有利な投資環境であること

 

特に重要な2つのポイント

特に重要なポイントは2点だと考えています。

上記の箇条書きポイントの最後の2つです。

両方とも日本銀行主導で国策で動いていることなので途中で「気が変わったからやめた」とか「予算が足りないので今年は減額します」なんてことはありえないのです。

ポイントは
・900億円の買い入れは予算であり必ず買ってくること
・マイナス金利政策も公表なく終了させることはありえないこと

です。

日本銀行では定期的に金融政策決定会合を開催しており、そこでの発表なくして取り決めごとを開始・中止・変更することはありえません。
また、傾向として「そろそろ金融政策をかえてくるのではないか、、、」というのは経済ニュースを追っていれば話題に上がってくることなので、知らぬ間に突然というケースは少ない。もちろんサプライズ的発表もありえてしまうのですので一応注意を。

日銀が900億円ずつ毎年買い入れするというのは需給バランスからして非常にありがたい政策であり、評価額の下振れリスクが小さくなる。

 

ただし、一定の条件があります。

・AA格相当以上であること(AA-格含む)
・取引所で売買成立した日数が200日以上あり、なおかつ年間売買類型学が200億円以上であること
・新規上場してから200営業日以上経過していること

・買入価格は原則として取引所での売買高加重平均価格
→VWAP取引を使っていると思われますが、大抵後場に上昇することが多い。取引の細かな手法は謎です

・各銘柄の発行残高の10%以内とする

などなど。日銀のHPに細かな条件が出てますが、上記の点を抑えればいいと思います。

 

マイナス金利政策という面から有利な点を考えます。

・10年国債利回りと比較されることが多く、投資利回りが安定して高いJ-REITが魅力的に映ること

・J-REIT自体、借入が多いため資金調達コストが低下するメリットがあること

などが挙げられる。

現在はやや元気のないように見えるJ-REIT市場だが魅力的なポイントは多く、日銀が後押ししているとも言えます。

 

よくある懸念点、疑問点

 

1.金利が上がったらよくないのでは?

A.基本的によくないですが、なぜ金利が上がっているかという点がポイントです。

上記のように金利が下がることにメリットがあります。逆に金利が上がることによってコスト増加になることが考えられます。しかし、現在米国で金利上昇局面を迎えていますが、REIT市場は比較的安定しています。なぜかというと米国市場の景況感がよくなってきているので金利を上げているからです。
過去の米国金利上昇局面で米国REITは上昇しています。金利負担増加以上に好景気による不動産価格の上昇や賃料の上昇があったからです。
日本では金利上昇は金融政策上、今のところ考えなくてもいいポイントではありますが、好景気からの金利上昇であれば大きな心配はいらないのではないかと想定します。

 

2.人口減少、少子高齢化が問題視される日本の不動産は大丈夫?

A.不動産とひとくくりにしてしまうと悲観的ですが、REITは別物です。

REITの物件の内訳を見てみると非常に優良物件が多いことがわかると思います。近所にあるようなボロアパートやシャッター街商店街の物件が組込まれていることはありません。銘柄によっては東京圏内の駅徒歩5分以内のオフィスビルに特化するといったようなコンセプトのものなどもあります。優良物件は空き待ちされます。アパートで空きが出たら埋めるのにひと苦労という物件と同じ扱いをするのはナンセンスです。
また2017年7月5日に総務省から発表された人口動態調査では30万人ほど人口が減ったという内容が先行していました。しかし内訳を見てみると、東京、沖縄、千葉、埼玉、愛知、神奈川の1都5県は人口増加となっております。REITは大抵東京を中心とした銘柄が多くなっております。
そして、REITで重視される空室率。都心5区のオフィスビルの空室率は3%台と過去の最良時とほぼ同等とキープしており、かつここ4年ほどは賃料も上昇傾向にあります。
以前記事にもしました、路線価から見た場合でも一部の土地ではバブル時を上回る相場状況となっているという発表もあります。

 

まとめ!

 

・J-REITは魅力的な投資対象といえよう
・配当収入をメインと考え中長期投資で考えるとよいでしょう
・日銀が買っている、マイナス金利であるというメリットを投資に活かせる

投資は自己判断で。ということで個別銘柄を投資推奨することはしませんが、
皆様のご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

 

(カネコ)

-投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

四季報発売日 読み方はご存知? 10年キャリアの個人投資家が株式投資に必要な無料情報収集を紹介

キャリア10年以上の私がお伝えする四季報の使い方 本日は四季報夏号の発売日でした。 四季報はその名の通り1年間に4回発行されます。 上場企業全社の会社情報が開示されており、企業分析する上で重要な書物と …

オススメ!高機能なヒートポンプ式の洗濯乾燥機を使うとストレス軽減につながり健康になる

我が家の洗濯機 私の家ではこの洗濯機を数か月前から使っています。 洗濯機は壊れたら買い替えるものって感じで今まではこだわりなどはなかった。 結婚を機に乾燥機能がついている斜めドラムを買った(なんとなく …

権利付日にギリギリ間に合う!8月の株主優待・配当利回りランキング。オススメは・・・

株主優待をもらおう 株式には様々なリターン・リスクがあります。 売買をするだけでなく、保有しているだけでもらえるものがあります。 配当金と株主優待です。 しかし、全銘柄が採用しているわけではないのでご …

12月の権利付き日は12/26。高配当・人気株主優待銘柄を紹介。利回りランキングベスト5!

12月は配当と優待の時期です 12月は配当金・株主優待の権利を得られる銘柄が多いです。 今年2017年の12月末配当権利銘柄の配当権利付日は 12月26日です! 極端な話、12月26日に株を買って、 …

年金って運用されてるの?GPIFの運用手法とポートフォリオの内訳とは。

GPIFに学ぶ運用 先日発表されました年金積立金管理運用独立行政法人、略称GPIFの運用成果。 2016年の運用益は7兆9363億円でした。 運用総額は144兆9034億円ですので 運用パフォーマンス …

検索

投資判断について

外国為替証拠金取引や株式投資は、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨や株式にて、相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。お取引の開始にあたり、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて開始していただくようお願いいたします。

 

掲載内容について

掲載内容については細心の注意を払っていますが、掲載された情報の誤りやデータのダウンロード、第三者によるデータの改ざんなどによって生じた障害等に関しまして、著者は一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。著者はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更・削除することがありますので、あらかじめご承知おきください。

当サイトにおける情報源の無断2次利用は厳禁です。また著者の感想、考えに関しては独自のものであり一切の責任を負いかねます。